日本語教師になるなら専門講座を受けよう|内容を掲載

  1. Home
  2. 日本語を教える人になる

日本語を教える人になる

複数の人

専門的な知識と技術を

日本語教師とは、日本語を母国語としない人に日本語を教える人のことです。絶対的な資格はありませんが、専門性が求められていることから、日本語教師の採用条件として、民間が主催する420時間以上の日本語教員養成講座を修了する、または財団法人日本語教育振興会が実施する日本語教育能力検定試験に合格する、のどちらかを採用基準としている企業が多いです。日本語教師になるためには、420時間以上の日本語教員養成講座を修了する、というのが一番おすすめの方法といえます。文化庁が日本語教師を養成するためのモデルシラバスを出しているため、それに基づいてカリキュラムが構成されているからです。各スクールによって特徴を出しているため若干カリキュラムは異なるものの、日本語の言語だけでなく、教育学、心理学、社会学など幅広く学べる内容になっています。また、それらの講座の中には教育実習が組み込まれています。外国人を対象に実習をすることで、講座で学んだことの総仕上げをすることができます。日本語教員養成講座で学ぶことは、専門的な知識に加え、教えるという技術を学ぶことができるというメリットがあります。また、日本語教員養成講座は日本語能力検定試験の内容も網羅していることから、検定を受験して合格することで、さらに日本語教師としての基礎的な水準を持っていることを証明することができます。検定試験の難易度は20%台となっていて、簡単な試験ではないため、まずは日本語教員養成講座を修了するほうがおすすめなのです。