日本語教師になるなら専門講座を受けよう|内容を掲載

  1. Home
  2. 語学を活かした仕事に就く

語学を活かした仕事に就く

勉強道具

日本語を教えるには

語学を活かして海外の人と関わる仕事に就きたいと思ったときにおススメの職業は「日本語教師」です。日本語教師は、日本と日本語について外国人の生徒に対して教えることが仕事です。日本語教師になるためには、いくつかの条件がありますが、今回はその一つである「日本語教師講座」で学ぶことによるメリットについて書いていきたいと思います。日本語教師になるためには、主に四年制大学で日本語について学ぶか、日本語教師養成講座で学ぶ必要があります。このとき、四年制大学ではなく日本語教師養成講座を選択することで、「日本語教師」になるための全てを短い期間で学ぶことができるのです。講座では、文化庁で定めた方針に沿った「日本語教師養成講座420時間コース」というものが代表的です。この講座では、日本語の文法といった基礎から、日本語の発音、日本の文化について学びます。一見必要がないように見える日本文化の勉強ですが、外国人に対してより多彩で日本語に興味を持たせるような授業を行うためには、日本の文化について知っていなくてはいけません。また、異文化に対する理解も必要でしょう。このように、講座では日本語教師に必要なスキルだけを無駄なく学ぶことができます。教師としての授業の作り方、教壇立ってどのように生徒に日本語を教えていくのかということも、実習を通して学んでいくことができます。また、420時間コースでは、これらのことを約半年で学びます。毎日長時間の授業を受けることなく、自分の都合に合わせやすいことも、メリットのひとつです。