日本語教師になるなら専門講座を受けよう|内容を掲載

日本語を教える人になる

複数の人

日本語教師になるために、絶対的な資格はありません。ただ、専門性が問われるため、民間が主催する420時間以上の日本語教員養成講座を修了する、という方法で専門の知識や技術を学ぶことがおすすめです。教育実習も組み込まれ、教える技術も学ぶことができます。

語学を活かした仕事に就く

勉強道具

日本語教師養成講座のメリットは主に二つです。「日本語教師に必要なスキルを無駄なく、短期間で学ぶことができる」「代表的な420時間コースであれば、自分の都合に合わせやすく、無理なく授業を受けられる」これらを踏まえ、日本語教師への一歩を踏み出しましょう。

理論や実技などを学ぶ

男女

自信に繋がる受講

日本語教師になるための方法の一つに、日本語教師養成講座を受講する、というものがあります。日本語教師養成講座を受講できる専門学校などは、全国各地にたくさんあり、自分が通いやすいところで受講することができます。講座では、日本語や日本の歴史、文法などの理論、発声やアクセントなどの言語学、模擬授業などの実技、その他にも様々な事柄を学ぶことができます。日常的に日本語を話しているからといって、すぐに日本語を教えられるかというとそうではありません。普段、文法やアクセントなど、考えながら話すことはありません。改めて意識すると、わからないことも多いはずです。生徒にしっかり教えることができるよう、日本語の成り立ちや日本と世界の歴史、日本の文化や習慣なども学んでおかなければなりません。日本語教師養成講座を受講することで、独学では気付かず、なかなか身に付けられない知識や技術も身に付けることができます。日本語を学びにきている生徒の多くは、日本語を習得するのに苦労しています。悩んでいる生徒の相談に乗るのも、日本語教師の仕事の一つです。学校によっては、そのための心理カウンセリングのテクニックや生徒への対応、自分自身の悩み解消方法などが学べるところもあります。初めは実際に教壇に立つと緊張してしまいますが、講座の中にある模擬授業などで実践しておくことで、落ち着いて授業を行うことができます。講座を全て受講することは、自分への自信にも繋がります。

専用講座で教師を目指す

勉強する人

日本に興味を示す外国人に日本語を教えるのが、日本語教師の務めです。日本語教師になるには、専用の講座を受講して修了する必要があります。講座は実際に外国人に教授する授業があれば、即戦力として身に付きます。日本語教師になることができれば、海外移住をしたり、世界中に友人を作ることができます。